fc2ブログ

ベトコンからハーレー

「各務原編」の途中ではありますが、ちょっと気になったことがあるので記録しておきます。
さかえ1
 まず(長い前振り)発端は、あるフォロワー様と一宮市本町商店街の「日の出寿し食堂」で朝吞みした時のこと。
「早く来てその辺を歩いてたら気になる店があった」とおっしゃる。
さかえ地図

それがここ「お好み焼き さかえ」なんです。
実は私も前々から存在を知ってはいたんですが、なにしろ「営業中」のフダが下がってはいても内部がまったく見えない。ネット上の情報も極少。
これじゃさすがの昼呑みヘンタイ店派の私もおいそれと入れないっす。
さかえ 2

ある日の昼前。一宮駅で用事を済ませ、「日の出」へ行こうかと前を通りかかったら、
こんな感じで横の扉が開いていて
さかえ3
たまたま店の外に出てきたご主人と目が合っちゃった…
で、何も考えないままに店内へ入っちゃった。
催眠術ですかね。ローレライもセイレーンも歌っていませんでしたが。
さかえ3-B

店内はいたって普通… でもなかった。
奥の小上がりにはハイウェーパトロール風のヘルメットが何個も置いてあるし壁には刺繍ワッペン付けた革ジャンがかかってるし。
さかえ4

5脚ほどあるスツールに腰かけて焼きそばと缶発泡酒を注文しつつ
「バイク乗りですか」
って聞いちゃいました。
ハーレーに10年乗ってるそうです。
ウチの親戚にもハーレー乗りがいたんでさっそくバイク談義。
(ワタシは禁止されていた高校時代から原付ライダーでした)
なかなか面白い店主さんです。「警部マクロード」みたいなハットをかぶってますよ。
一見、コワモテ風に感じたんですが、いたって柔らかいオヂサンでした。
お年は…70代半ばだったかなぁ。
さかえ4

オヂサンとバイク談義しつつ発泡酒吞んでたんで所要時間が分からないんですが、さほど長く感じる前に焼きそばが出てきました。
この店で初めての焼きそば… 見た目は普通に鉄板に乗った「塩焼きそば」な感じでした。
口にした瞬間「ウマっ」と感じました。なんでかわからん。
一気呵成に食べてしまい「早いね」と笑われました。
さかえ5

さて、こちらのお品書きです。
お好み焼き・焼きそばの店にしてはなんだか「変化球」がありますね。
さかえ6
さかえ6-A
さかえ7

さて、こちらの店の場所は、昭和の時代は「ベトコンラーメン」が売り物の老舗町中華「天龍」でした。
多分、かの「新京本店」から一気に市内に広まったうちの1軒であろう。
念のため、図書館で住宅地図を調べたところ、2004年版までは中華料理店として記載されています。
私は少なくとも1970年代後半から中華店として存在を知ってはいました。
だから全体としての店の歴史は50年近くなんでしょうね。
さかえ2004年度版
さかえ2005年度版

余談ですが、現在も「新京」以外にもベトコンラーメンを大々的に打ち出した昭和の表看板をそのまま残してるお店があります。近々に突撃してこようと思ってます。
*「新京 一宮」については後述↓ ちょっと衝撃でしたコレ↓

閑話再開。
さらに余談。これは2001年版の住宅地図。
さかえ2001年度版
すぐ北側に「今佐酒店」という店名が見える。この酒屋は、かの「立飲み人生劇場」書籍版の「いつか、横になるまで」沖てる夫・著に登場するのである。
さかえ7-A
実は私もその酒店では度々缶ビールを買っては残業吞みしたことはあるのだが、よもや角打ちをやっていたとは知らなんだ。くやしぃ~
この今佐商店は翌02年版からは消えており、現在は「今佐ビル」として存在するものの、居酒屋に店舗貸ししてる。
それにしても、いくら駅前とはいえ、こんな狭い範囲の地図内に喫茶店と居酒屋が各3軒もある。

閑話休題。
そんな話をご主人にしたら、なんと町中華店は弟さんの店で、辞めたのでご主人が入ったとか。また、ご主人は元々寿司職人だったっつうことで、なるほど、「だし巻き」とかの変化球メユーも納得です。
さかえ8

メニューと言えば、これは失礼ながらほほえましかった。
「セツトは二人で食べるのはマナー胃●」
さかえ10

3回目にお邪魔した時もヒマなんでいろんな話を聞かされて楽しく吞んできました。
いきなり「ギャンブルやる~」と聞かれ「ワシもやらんけど、雰囲気が好きで、笠松(競馬場)で馬券買わんけど串カツ食いながら走っとるの見るのが好き」とおっしゃる。
ウンウンわかりますとも。実はワタシもまったく同じ趣味で。
ヘンなところで意気投合して「また絶対来てや~」と店の外まで見送られて帰りました。
さかえ9

おっと忘れてた。今回の本題。
3回目の訪問。この日、まったく客がおらず(土曜日の19:30)火を落としちゃったみたいで。
焼きそばを作り始める前に「急ぐ?」と聞かれたんですよ。
なんで? 
指二本で厚みを示し「こんな鉄板だと美味しく焼けるけど熱くなるまで時間がかかる。フライパンだとすぐできる」
 ということらしい。
おおぉ~~(感嘆符)
そーゆーことかー
以前は調理がゆっくりだったんで鉄板だったんだなぁ。なるほど。
で、今回は急ぎだったのでフライパンで頼んだんですけど、(下の画像)
画像見ても微妙に違いますね。
そのためか、前回より麺が水分多めな感じでねっとりもったりしていた。
美味しいけど。
さかえ11フライパン製

お品書きを見ていただいたように、料金設定としては若干お高めでありますね。
まぁ、ご主人と会話しながらビールで焼きそばで楽しい時間を過ごせました。
次はいよいよお好み焼きだな。画像は2回目訪問時の焼きそば
さかえ12


大余談
…とまぁここまで下書き書いておいてから内容のチェックに取り掛かり、ベトコンラーメンのくだりで、ベトコン発祥の「新京 一宮本店」を検索したら…いつの間にか廃業しとるやん!! つい4月~5月にGoogleマップで営業時間を確かめたばかりなのに…

創業者から外国の方に経営が変わったとか接客が不安定だとか味が不安定だとか聞いていたのだが…そういうことだったのかな。
スポンサーサイト



コメント

No title

ハリーさん、コメントありがとうございます。

爺様婆様の無思慮な行動には、げんなりしますよね。例えば喫茶店の雑誌や新聞を「指を舐めてページをめくる」のはやめてほしい。何も考えずに長年の慣れで行動してるだけでしょうけど、少しはモノを考えでほしいです。
でも、ちょっと前に名古屋市内のスーパー銭湯に久々に行きましたが、若者も無思慮なのは同じですね。

田なかや。「丸万うなぎ」の前のバイクを見て反射的になぜかハリーさんのことが頭をよぎったのですが…
虫の知らせですかね。お会いできず残念です。

Gマップの件、中村区本陣の「味の店 にわ」さんも被害者です。普通に営業してるのに「臨時休業」表示されたり、営業時間を書き換えられたり店名を書き換えられたりされたので、私は気づいたらそのたびに修正申告を上げていたのですが、ついにデータごっそり削除されて店がないことに。それの繰り返しです。悪意ある者に簡単にイジれるのが問題ですね

岐阜呑み

南田神田さん、こんにちは。

岐阜市訪問のツイッター拝見したのですが、コメントこちらでごめんなさい。

>「のはら湯」

最近、銭湯は無沙汰で(どちらかというと施設というよりはコロナ禍を全く気にしない
おしゃべり常連年寄り連中との接触が心配で)「のはら湯」も久しく行っていないのですが、
あそこにクラフトビールがあるなんて初めて知りました。

>「田なかや」

クジラ赤身サイコーですね。私もこの日(日曜ですよね?)たまたま店の前を通って
いつも読み切れないぐらいの品書きがえらく少ないナと思ったのですが、中の黒板には
ちゃんと色々書いてあったんですね。酒が呑めなかったので「ランチうな丼」だけ食べようかと
一瞬迷ったのですが、入っていたらいい気分の南田神田さんにお会いできたかも(笑)。

>「タッチパネル式券売機」

あれは開庁当初から人々を戸惑わせていて、自分も一番最初はあの大きな画面が
スクロールするとは思わず、目的の品が探せずに焦りました。でも並んでいるんだから
せめて注文する品は選んでおいて欲しいですよね。

>公共機関なのに!日曜なのに!営業していて、しかも「昼呑み」

普段日曜はガラガラなのでたまたまイベントでも重なったでしょうか。それとも最近
混むようになったのかな。中休み無しで酒の提供ありっていうのがすごいですよね。
公共機関なのに。いつかダラダラとゆっくり呑んでみようかな(←多分出来ない)。

>「太田屋本店」

Gマップ上はもうずーっと前からあのへんな店名で、しかも閉業になっているんです。
少なくとも私は閉業と表示してあった5月の終わりに普通に食べていますし、店内の様子も
主人夫婦の様子もごく普通だったので閉業じゃないと思うんだけどな。その頃にも何度か
記述訂正を試みたのですがすぐに閉業に戻ってしまいます。あれって誰の仕業?

長々と失礼しました。

No title

彦さま;
「塩」とうたっているのでなくメニューはただの「焼きそば」なんですが、
ソースの色と味がしないのでたぶん塩なんでしょう。
けっこう楽しめました。

No title

ここもなかなかよさげですね~。
1枚目の塩焼きそばに一目惚れ、この色合いがたまりませんね~。^^

一宮は古くて渋いお店がたくさん残ってる宝庫ですな~。
非公開コメント

プロフィール

南田神田

Author:南田神田
FC2ブログへようこそ! 
SHADO 地下司令部内に
デジタルカメラと呑みアル記の備忘録的に開設しました
お店・地域・画像のまとめ的にするつもりです

Twitter 南田神田@overcomeon

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR