fc2ブログ

名古屋がダメなら岩倉・一宮へ行けばいいじゃない

8月いっぱいは名古屋市内は禁酒地域ということで、「堂々と呑める」岩倉市一宮市のご案内などを市内中心部に限って簡単にしてみましょうか。
営業日時・営業時間などはとりあえず8月限定とお考えいただきたい。

<<一宮市>>
イチバンはなんといっても「日の出寿司食堂」
名古屋市伏見の大甚本店より1年古い1906年の創業。朝10時30分の開店なので朝から呑める。フライングする常連さんもいる。
水曜定休のほか、8月は18・19日が臨休。
お惣菜のケースから皿を取っておばちゃんに温めてもらったり、壁の品書きから注文し、
食後にまとめて若様(最後の画像…)が電卓叩いて清算です。
既出資料;「日の出寿司食堂」
日の出 (4)
日の出
日の出 (3)
日の出 (2)
日の出 (1)
日の出寿司食堂
〒491-0859 愛知県一宮市本町3丁目4−1

2番手は「のんきや」
コロナ禍で営業時間が早まり、15時30分開店
おそらく朝鮮戦争後の一宮を中心とした尾張地方の繊維業が好景気だった「ガチャ万」時代にできたのではなかろうか?未確認。
余談だが、「喫茶店のモーニングサービス」の発祥も、ガチャ万景気の一宮説が最有力。
*「ガチャ万」というのは、尾張地方ではどんな小さな町にも中小の繊維工場があって機織り機?などがガチャンガチャンと大きな音をたてていた。「ガチャン」と音を立てるたびに「万単位」のお金が儲かった…という

昭和末期にはこの店の存在は知っていたが最近まで入ったことはなかった。後悔。もっと早く知ってれば通ったのに…
割烹着の女将さんがとても穏やかで素敵なので居心地が良いのである。
上記、日の出食堂から徒歩数分。
大きな大雄会総合病院が目印。
のんきや (3)
のんきや (2)
のんきや (1)
のんきや (4)
のんきや
〒491-0036 愛知県一宮市桜1丁目2−8

以下は順不同で
「八百宮酒店」
ここも店の存在は昭和の時代には知っていたが、今でも角打ちができるとは…
いわゆる酒屋の「角打ち」。椅子もあるし手作り料理もある。
朝10時の開店直後からご近所の常連爺ちゃんズが呑みに来る。意外にも、見知らぬ顔がやってきても陽気に迎えてくれる人がいるので気軽に入ってみて。
八百宮 (2)
八百宮 (1)
八百宮 (3)
八百宮 (4)
八百宮酒店
〒491-0044 愛知県一宮市大宮5丁目2−14

「角屋」
11時開店。で、開店直後から「串カツ・瓶ビール」の常連さんがいるうれしいお店。
ここも創業50年だか60年だか、とにかく昔から見てるお店。夏でも味噌おでんが温まってる。
上記八百宮酒店から南(駅方面)へ徒歩数分。
角屋 (3)
角屋 (1)
角屋 (2)
角屋 (4)
角屋 (5)

角屋
〒491-0044 愛知県一宮市大宮2丁目5−16

駅西小路「平和」 「きょうちゃん」
一宮駅の南西にある。一帯が「駅西」と呼ばれていていまよりも賑やかだった昭和の時代からある。駅の東側の繁栄に比べ取り残された感の西側だが、この店はすごく人気があって賑わっていた。
「平和」の並びに「きょうちゃん」という狭い店があるのだが… さすがのワタシも入るのを躊躇したほどの存在感・一見さん排他感がある。外から見た限りでは、名古屋の神宮小路「かねこ」みたいなおばちゃんと雰囲気だった。
機会があれば真っ先に訪問したい。
平和 (2)
平和 (1)
きょうちゃん
平和
〒491-0912 愛知県一宮市新生2丁目3−2

「大脇屋本店」
駅西を南下してすぐにある麺類中心の大衆食堂。ワンタンメンが名物。11時開店で昼呑みもOK。
大脇屋 (3)
大脇屋 (2)
大脇屋 (1)
大脇屋本店
〒491-0912 愛知県一宮市新生3丁目16−12

「さかえ」
一宮駅東口から大通りを渡って狭い裏路地のカド。昭和の時代はベトコンラーメンの有名店だったが10数年前に変わったみたい。
お好み焼き・焼きそばで昼呑みできる…のは知っていたが、コロナ禍で入り損ねていた。
先日、呑み仲間のさなPさんが偵察してくれたのでイタダキで堂々とご紹介。

「大衆食堂 飯具」
駅前スクランブル交差点を渡ってすぐ北。21年4月のオープンらしい。車やバスで前を通るたびに気になっていた。
女子会に受けそうな洒落た内装で、クチコミでは食事も良さそう。要チェック。

「ともしび」「俵屋」「水野」
日の出食堂の商店街並び。
特に「ともしび」は、外観(オレンジ色のたて看板も)はほぼ昭和の時代のまんま。子供のころから、「そこに当たり前に存在する」ので
わざわざ入ったことが無いという…
ともしび
比較的歴史が新しい「俵屋」の鉄板メニューは何を食べても美味しかった。
その並びの小料理屋「水野」は平成の時代に通ったけど、最近はご無沙汰。
当時はなかなか美味しかったんだけど今はどうかな? とりあえずご紹介だけ。
食べログでは掲載保留になってる。

「天吉(てんよし)」「ぎんなべ」「太田屋本店」
駅前ロータリーにある昭和の時代からの有名飲食店。
呑むというより食事ならハズレが無い。
特に「天吉」は、1976年発行のグルメ本に載ってるほど。
「太田屋本店」は、創業100年超の味噌煮込みうどん「発祥」の店。
土鍋ではない、ドンブリのどろどろ味噌煮込みに驚け~

*「のんきや」のすぐ近くに「むらさきや」という老舗~近年改装のお店があるのだが、8月いっぱい休業するみたいなので割愛。

<<岩倉市>>
「みのや」
名鉄岩倉駅東口からのびる本町商店街の東のカド。ここも創業100年超居酒屋。
おばちゃんはお会計の時に五つ玉そろばんを今でも使っているのだろうか?
12時開店だが、当然昼呑み常連さんがフライングする。
既出資料;「百年超居酒屋みのや」
みのや
みのや (2)
みのや (1)
みのや (3)
みのや
〒482-0005 愛知県岩倉市下本町下市場112

「吉宗」
ランチ営業してた平成時代末期にはけっこう通っていた。
夜営業だけになってあまり行けなくなったが、料理が良いのは変わってなかった。
高山の酒蔵から日本酒を入れていた。
晩酌セット1000円あり。
吉宗 (2)
吉宗 (1)
吉宗 (3)
吉宗 (4)

*岩倉駅西口と一宮駅東口を名鉄バスが1時間に2~4本、結んでいる。所要時間は約30分。440円。

<<アクセス>>
「八百宮酒店」
一宮市民病院バス停下車・・・市民病院北側または南側の道路を西へ徒歩7分で「八百宮酒店」
八百宮酒店のすぐ近くに「宮西小学校」のバス停があるのになぜわざわざ7分歩くかというと、こちらの路線は1時間に1本しかバスが無いのだ。
一宮駅~市民病院へのバスならば「川島行き」「宮田本郷行き」合わせて1時間に3~4本ある。
例えば一宮駅10:01~市民病院10:13着…八百宮酒店10:20頃着
復路は 店のすぐ南にある「宮西小学校前」バス停を11:16発 *1時間に1本しかありません 
~一宮駅11:24着 … 日の出寿司食堂11:30ごろ到着
もちろん帰りも市民病院まで歩く手もあるわけ。
岩倉一宮
市内大
市内中
駅前
駅西
地図は別画面で拡大するとはっきり読めまする。

「角屋」
八百宮と同じバス路線で一つ手前の「大宮2丁目」下車。
あるいは「宮田本郷」「川島」「江南」各バスの「本町」下車徒歩すぐ。
スポンサーサイト



プロフィール

南田神田

Author:南田神田
FC2ブログへようこそ! 
SHADO 地下司令部内に
デジタルカメラと呑みアル記の備忘録的に開設しました
お店・地域・画像のまとめ的にするつもりです

Twitter 南田神田@overcomeon

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR