fc2ブログ

ガンダム角打ちに立つ 「新しいヤツ」

前節
わたくし、訪問予定の飲食店をGoogleマップで所在を調べる際に、ついでに最大拡大(縮小率最低)にして周辺の店をもチェックしたり、ストリートビュー・モードにして外観を見たりします。
あるいは用事で出かける名鉄などの駅を中心に商店街を、ストリートビューで仮想散歩したりして新しい店を探したりしてるのですよ
新幹線01
↑ バス停からすぐ。北向きの酒屋部分

「昭和レトロな店探し」に限っていえば、たいていは店名でピンときますね。
今までの経験では『店主の人名、特に女性名をひらがな・カタカナまたは無骨な漢字だけ』はたいてい許容範囲です。
例えば
「ゆき」「ゆきちゃん」「たえちゃん」「あや」「美富久」
などが「行きま~す!」でした。 (他にもそうやって見つけた良さげな未訪問店も多数残してます)
新幹線02
↑ 立飲み側のとびら

さて、名古屋角打ちのバイブル、沖てる夫著「立飲み人生劇場」のハードカバーとKindle版、ネットブログ版にて紹介されている酒店の住所をGoogleマップのストリートビューモードで検索して外見をチェック。
なにせ数年~十数年前の情報です。
はたして現在も営業しているのか…
さらには、「名古屋市内の各区別の酒店リスト」みたいなネット住所録みたいなところから立飲みできそうな酒店を検索。
さらにさらに、「立飲み歩き」の個人ブログなども当たってみました。←たいてい、この手のブログは記事アップの時期が古い…
(その執念を他のことに使え~~~~ と、天の声が…)

そこで見つけたのが名古屋市熱田区の「堀商店」です
堀商店
↑ 画像はGoogleより

<来た見た呑んだ>
ここから「立飲処 新幹線」にたどり着きました。
店名は「新幹線の高架下」だからでしょうね。
いいなぁ~~「高架下」。まさに昭和な飲み屋。おっと「酒屋」。

さっそくネット検索しましたが、なんと!
「いまここで呑んでる」みたいなフェイスブックと、あるブログの「看板の画像」しかヒットしませんでした。
もぅ行くしかないね。でも、、、交通の便、悪そう・・・
↑ これは、よく調べたら、たしかにバス路線は1本だけですが、1時間に4本程度運行していることが判明。

で、ある「昼呑み会」でベロンベロンになってしまい天然温泉アーバンクア内でうっかり寝過ごし、
予定していた店へ行くには遅くなった、しゃーない、「いい機会だから現地に見に行こう」
新幹線03
↑ 入って右手には一応イスもあるが…

『われわれ取材班がそこで発見したものは?!』
発見したのは「ド昭和な立飲みパラダイス」でした。
さすがにいまでも町工場が多く残っている古い地域のおかげでしょう。
お客は近所の常連おぢさまばかり。平均年齢70代なかばでしょうか
新幹線04
↑ 左手側は立飲み~~

先日訪問した日の、大将と常連客との会話もほのぼの
「○○さん、最近姿見せん。80何歳やで死んどれへんか。」
「来とらんのか」
「もう2週間来とらん」

 …2週間店に来ないと殺されます(笑
「歩くのがやっとだで、よー来れんだろ」
 横で聞いてて愉しませてもらいました
新幹線05

さて、2度目3回目の訪問は開店の16時に狙って行きました。
あらら。表の看板も灯が消えてて、やってるのかと疑います。
とびらは開きました。
中はカウンター以外真っ暗で、大将が寂しそうにひとり座ってタバコ。
この2回とも直後に常連さんが来店。
自分で照明スイッチ入れてました(笑
大将、顔を見るなり黙って冷蔵庫から缶発泡酒出してカウンターに置く。
常連さん、黙って受け取る…
いいですねぇ、こういう風情は。
新幹線06

大将、無愛想です。でも、ぼそぼそと話して場をつないでくれるんです。コワイ人ではありません。
女将さんは優しいです。やっぱこういう店は女将が大事だナァ
新幹線07

初訪問の時のこと。入店したらいきなり店内の数人のお客全員と大将がこちらをしばし注視。
小さい店に入るときにはよくあることだけど、そのときは、通常よりもなにか全員の目の色が違ってて、
一瞬うろたえたような動きが…
ま、別に気にせずに呑んでいたら、こっそりと女将さんが小声で
「あなたが入ってきたときみんなが見たでしょ。
ちょうど、待ち人が遅いってみんなで話してたとこなの。で思わず見ちゃったの。気にしないでね」と。
いえいえ、ぜんぜん気にしないっす
新幹線09
新幹線10
↑ 酒類の値段が見切れてしまいました。たぶん、缶ビール類は自販機と同じお値段じゃないかと思います

<アクセス>
最寄り;市バス「千年(ちとせ)二丁目」バス停より徒歩1分。バス進行方向の高架下にすぐ見える。
1)名鉄神宮前駅西出口の南、「神宮東門5番乗り場」から
 幹神宮1系統 河合小橋行きor多加良浦行きor中川車庫行き 所要6分
*栄・大曽根・新瑞橋方面からの場合は、地下鉄・伝馬町駅3番出口~市バス3番乗り場にて上記の系統に乗車可

2)地下鉄・東海通駅4番出口~市バス2番乗り場から上記の系統「神宮東門行き」に乗車
新幹線ビュー
↑ 神宮前からのバス停「千年二丁目」より店方向

 ** 従って、このお店と神宮前~新瑞橋・大曽根・上前津・栄や築地口にもつなげて移動可能なのでハシゴもカンタン。
開店時間が早いので、この店が起点になります。
おなじみ神宮前商店街「クロカル」さんへもバスで1本
麺類に加えて海鮮と酒でも有名な「千年ニコ天」と
堀川を眺められるオッサレーなカフェ「THE CUPS HARBOR CAFE」にもこの店から徒歩3分ほど
昼間は真っ黒な川面も、夜ならイルミネーションできれいやで~
新幹線08
堀商店/立飲処 新幹線
名古屋市熱田区千年2丁目20-13
16時~21時 日曜休

ごちそうさまでした~~
新幹線11
新幹線地図02
↑ 上の青丸が神宮東門のバス停 下の青丸は途中の伝馬町バス停~地下鉄「伝馬町」乗り換え
新幹線周辺図
↑ 画像の左端一番下の青●が、神宮前方面へのバス停
店を出て道路を渡り高架下左手すぐ


#昭和レトロ #昼呑み #名古屋せんべろ

追記;
2019年 12月18日は臨時休業
年末は12月30日まで営業
2020年は1月6日から 

スポンサーサイト



プロフィール

南田神田

Author:南田神田
FC2ブログへようこそ! 
SHADO 地下司令部内に
デジタルカメラと呑みアル記の備忘録的に開設しました
お店・地域・画像のまとめ的にするつもりです

Twitter 南田神田@overcomeon

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR